保育園のバザーの担当決め

いつも6月に保育園のバザーがあります。娘も息子もお世話になっている園なので、当然、協力しなければならないとは思っています。しかし、人付きあいが本当に駄目で、4年通っている園でも、ママの知り合いもいませんし、ママ友なんてもってのほかです。バザーの仕事は、他のお母さんたちと協力して、お話したりしながら進めなければならず、本当に私にとっては苦痛です。実際に参加したときも、我慢大会のような感じでした。

バザーの目的は、園で子どもたちにイベントごとに配るお菓子や贈り物のためのお金を稼ぐことらしいのですが、もしも、そうであれば、参加を任意にしてもらって、お金を払うひと、バザーをする人というように分けてくれたら良いのにと思ってしまいます。同じ理由で、PTAも時給制にして、運営すれば良いと思います。自給は、PTAに参加できない人から徴収すればいいのではないかと思います。必要であるのならそういった行事や組織はあっていいと思いますが、運営方法に弾力を持たせて欲しいと思います。参加したくないといういけんがあることは周知の事実なのですから、その面にだけスポットを当てないのはおかしい気がします。6月のバザーに向けて、心が重いです。

突然の保育園からの電話

先日、子ども2人の保育園の登園の準備と自分の出勤の準備を終えて、保育園まで無事に送り届け仕事の制服に着替えてカバンに入っていたスマホを見ると保育園から電話がありました。

前の日から下の子どもはお腹の調子が少し悪い感じだったのですが、熱はなく食べても吐くことはなかったので大丈夫と思っていましたが、保育園で遊んでいたら吐いてしまったのでお迎えをお願いしますという電話でした。

上司や同僚に話をして休みにしてもらい対応してもらいました。

今、パートで仕事をしている場所は有難いことに、子どもが熱を出したりして突然休むことになっても、快く承諾してくれるので助かっています。

しかし、朝のバタバタを乗り越えて会社まで来たのにと少し落ち込みました。

お迎えに行くと、下の子はすでにジャンパーを着てカバンを肩から下げて待っていました。

上の子は楽しそうに過ごしていたので、一緒にお迎えしようと思っていましたが病院に行っている間は保育園にお願いすることにしました。

下の子は吐いたことでムカムカが無くなったのかスッキリした顔をしていました。

病院では、軽い胃腸炎という診断で吐き気止めと胃腸薬が処方されました。

病院で吐き気止めの座薬もしてもらい薬が効いたのか、下の子は元気いっぱいになりました。

パートとは言え、連続で休むのは気がひけるので、明日は無事に乗り切って欲しいと思っています。