キャッシングの限度額が鎮まることもある

キャッシングの限度額は増額申し込みをするとかかることがありますが、逆にキャッシングの限度額が鎮まることもありますので注意しましょう。
キャッシングの限度額が収まるのは、前回の審査よりも返済能力が下がってしまったと判断されたところです。
例えば、転職して賃金が下がったり、勤続年数が少なくなるとキャッシングの限度額が鎮まる場合があります。
そのほかにも他社の借入金が大幅に増えたり、たくさんの団体から融資をしている状態になるとキャッシングの限度額が鎮まることがあります。
キャッシングの限度額が鎮まると、借入れできる金額が収まるだけでなく、場合によっては利率が上がって仕舞う可能性もあります。
一度決まったキャッシングの限度額が収まる可能性もあることをよく理解してキャッシングによるようにしましょう。

はじめてのキャッシングは意外と簡単に

アルバイトでもキャッシング審査通る?!
http://www.tanhouseanddigmoorsurestart.org/archives/9.html

月末の支払いが足りない、と困っていた時に、今まで全く考えてもみなかった「キャッシング」という言葉が浮かびました。

どうしてもキャッシングというとネガティブなイメージがあって、抵抗がありました。

だけどよく考えてみれば、これはクレジットカードでの買い物と同じようなものかもしれません。

キャッシングのためだけに、ローン会社のカードを作るとかいうのは未だ抵抗がありますが、だけど普段使っているクレジットカードのキャッシングなら、少しハードルが低い気がしました。

今まで使ったことも、使おうと思ったこともなかったので、どうしていいかもよくわからなかったし、どれくらい借りられるようになっているのかさえ、わかっていませんでした。

これをきっかけにクレジット会社の説明書を読んでみると、不足分を補うには充分な額が借りられて、返済もさほど厳しくはならない様子です。

ということで、申し込んでみる事にしました。

申込は簡単というか、実にあっさり。

ネットのユーザーページから2,3クリックで完了です。

もっと難しいものだと思いこんでいました。

本当にネットショッピングと同じ様な感覚です。

それが恐いといえば恐いのかもしれませんが、とにかく少量のお金を借りるのならば、まずは普段から使っているカードのほうが安心なんだな、ということを感じました。

後日、これはそういう決まりだそうですが、借り入れに関するハガキが届きました。

これには少しだけ身が引き締まるようですが、あまりに申込が簡単だった分、こういうハガキが届くということもとても意味がある気がします。