文春のスクープはきな臭い

1月に入ったばかりで文春から二つのスクープがあった。ベッキーちゃんの醜聞と甘利大臣の賄賂疑問、こういう2つがマルチタスクやるのは実に変です。前者の出元は明らかにラインの盗聴でこれは不明朗トラフィックダメ法にふれる犯行です。
弱みは、犯行と分かりながらプライベートな陳述を全国的に続発させることが、レポートの権利とは言え許されるか何とかです。甘利大臣のスクープは、ますます手が込んでいて最初から文春に記事を組み込むために採録と撮影を行ったとしか思えない手口です。つつもたせに嵌められた場合は、嵌められた必要を取らざるを得ないが、嵌めた皆さんの必要はからっきしそっちのけか。
こういう二つのスクープにはレポートの規則もモラルもさっぱり感じない。見受けるのは悪意と暴力です。もっと悪質なのは、ベッキーちゃんの醜聞をかくれみのに訴える節があることです。芸能ギャグの常で記事の出元は甘く扱われ、いったい、インサイドに世のブーイングが集中して要る。これは、本命スクープもそんなふうになるように評判操作しているようにも感じる。
再びいうが、こういうスクープの根は激しく全く凶悪です。どんどん混乱が増すような惑いがしてならない。しかし、だいたいむかし大きなボロがでて破綻するに格差ない。おてんとさまは、偽者にそんなふうには塩辛いのだ。

はじめてのキャッシングは意外と簡単に

アルバイトでもキャッシング審査通る?!
http://www.tanhouseanddigmoorsurestart.org/archives/9.html

月末の支払いが足りない、と困っていた時に、今まで全く考えてもみなかった「キャッシング」という言葉が浮かびました。

どうしてもキャッシングというとネガティブなイメージがあって、抵抗がありました。

だけどよく考えてみれば、これはクレジットカードでの買い物と同じようなものかもしれません。

キャッシングのためだけに、ローン会社のカードを作るとかいうのは未だ抵抗がありますが、だけど普段使っているクレジットカードのキャッシングなら、少しハードルが低い気がしました。

今まで使ったことも、使おうと思ったこともなかったので、どうしていいかもよくわからなかったし、どれくらい借りられるようになっているのかさえ、わかっていませんでした。

これをきっかけにクレジット会社の説明書を読んでみると、不足分を補うには充分な額が借りられて、返済もさほど厳しくはならない様子です。

ということで、申し込んでみる事にしました。

申込は簡単というか、実にあっさり。

ネットのユーザーページから2,3クリックで完了です。

もっと難しいものだと思いこんでいました。

本当にネットショッピングと同じ様な感覚です。

それが恐いといえば恐いのかもしれませんが、とにかく少量のお金を借りるのならば、まずは普段から使っているカードのほうが安心なんだな、ということを感じました。

後日、これはそういう決まりだそうですが、借り入れに関するハガキが届きました。

これには少しだけ身が引き締まるようですが、あまりに申込が簡単だった分、こういうハガキが届くということもとても意味がある気がします。